寺院沿革  宗派概略  行事と供養  住職紹介  境内略図  墓苑のご案内  交通のご案内  お問合わせ  HOME
         
 



住職 第廿一世 米津実音
龍宝寺は富士山の広いすそ野に位置し、箱根や富士五湖の入り口としても、大変恵まれた環境の中で長い歴史を刻んで参りました。
昨年は皆様の御支援のお陰で念願の本堂の建て替えが完成しました。
又、それに伴い本堂の横に新たに墓地を大きく広げ、富士の勇壮をバックに心なごむ環境となりました。
近年は、地元の人々のみならず、近県の方々の御来寺も大変多く、さまざまなご供養をさせて頂いております。そして私はご供養の後、皆様とお茶を飲みながらのお話も楽しみのひとつとなりました。
これからも皆様のご多幸と、先祖様のご供養に心を尽くし念じて参ります。
初めての方もどうぞお気軽に御来寺下さい。
合掌
民間会社に廿十年勤務後、岡崎市九品院にて得度、修行の後、総本山知恩院にて『伝宗伝戒』を伝授され僧侶となる。
昭和50年龍宝寺副住職拝命後、昭和58年4月1日より教師修練道場に入行したが先代住職遷化の為、昭和62年2月より住職となる。また平成元年12月より16年11月まで、民生児童委員として地域の為に働かせて頂きました。

當山開山 覚蓮社正譽上人 正譽阿求願和尚
二 世 讃蓮社嘆譽 良閑譽順和尚
三 世 證蓮社誠譽上人 嘆栄頓公和尚
四 世 然蓮社湛譽上人 願入長哲和尚
五 世 本蓮社念譽上人 生西春公和尚
六 世 乗蓮社一譽上人 助給南龍和尚
七 世 轉蓮社上譽上人 直阿林宗和尚
八 世 檀蓮社稱譽上人 栄岸林慶和尚
九 世 承蓮社禀譽上人 教阿林賀和尚
十 世 園蓮社光譽上人 阿是應和尚
十一世  
十二世 流蓮社注譽上人 真旨義詮和尚
十三世 即蓮社性譽上人 春阿栄峯和尚
十四世  
十五世 宣蓮社暢譽上人 宋阿廊傅門及和尚
十六世 乗蓮社浣譽上人 覚了濯心和尚
十七世 学蓮社戒譽上人 定阿恵穏和尚
十八世  
十九世 乗蓮社寳譽上人 得阿耨多羅学専老和尚
二十世 信蓮社暢譽上人 真阿大尭了音老和尚
 
   
         
C o p y r i g h t 龍 宝 寺 A l l R i g h t R e s e r v e d .